会社概要 個人情報の取扱い サイトマップ
TOP >> e-IPSTA >> テストモードの特徴

テストモードの特徴


〔テストの作成〕
◆指定テストの作成
 指定テストは、管理者が問題の分野と出題数を選択し、簡単にテスト問題(小問)を作成できます。テストを構成する問題は用語問題や計算問題など問題の属性や正解率、演習回数を確認して決められます。
◆総合テストの作成
 総合テストは管理者が本試験と同じ構成のテスト問題(小問84問、中問4問)を作成できます。総合テストを構成する問題はランダムに抽出されますが、問題を変更することも簡単にできます。


〔テストの受験〕

◆指定テスト受験

 サーバに登録された指定テスト(小問)を選択して受験できます。指定テストを利用することで、講座や授業の中でスムーズに学習内容の確認が行えます。
◆総合テスト受験
 サーバに登録された総合テスト(小問84問、中問4問)を選択して受験できます。本試験と同じ構成のテスト問題により、実践的な演習が行えます。


〔テストの管理〕

◆指定テストの管理
 管理者は指定テストの成績一覧や問別分析が確認でき、理解度の把握に活用できます。テスト結果はExcelファイルで保存することもできます。
◆総合テストの管理

 管理者は成績一覧を確認でき、総合的な理解度を把握し、直前対策を行う分野を決めることもできます。テスト結果はExcelファイルで保存することもできます。

 
            総合テスト問題画面
 
        総合テスト受講者成績一覧画面




このページの先頭へ

Copyright (C) 2010 infotech serve All Rights Reserved.